独立・フリーランスに向いている人・向いていない人とは?
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

2018年にランサーズが行った調査によると、日本にはおよそ1119万人のフリーランスがいると想定されています。全労働人口の6人に1人がフリーランス(副業も含む)として働いている時代なのです。

想像以上に多くてびっくり・・・・

時間や場所に縛られない働き方ができ、自分次第で年収の大幅アップも期待できるのがフリーランスの魅力です。しかし、収入が不安定になりがちで、社会保障が薄いなど社会的立場が弱いという特徴もあります。

ということで、今回は、フリーランスに向いている人と向いていない人について、詳しく解説していきたいと思います。また、フリーランスに向いていない人はどうしたらよいかについても併せて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

独立(フリーランス)に向く人のパターン5

会社員や公務員と違って、フリーランスは自力で稼いでいかなければなりません。毎月決まった給料をもらえるわけではないからです。

ここではまず、フリーランスに向く人の特徴を5つ挙げていきます。これらの特徴に多くあてはまる人は、フリーランス向きといえるでしょう。

何らかの稼ぐスキルや手段がある人

何らかの稼ぐ能力や手段を持っていることは、フリーランスで働く上での大前提です。会社の看板でなく、個人の看板でも仕事を請けられるような何かを持っていることが最低条件になります。

たとえば、プログラミング、デザインなどのスキルや、ライティングスキルなどです。ただし、少しかじったという程度ではなく、相手の要求水準を満たせるレベルでなければ、難しいでしょう。誰にでもすぐにできるレベルであれば、アルバイト並みかそれ以下の報酬しかもらえないケースが多くなってしまいます。その場合、フリーランスで生計を立てていくのは、難しくなってしまいます。

ただし、スキルレベルが平凡であったり、もしくは人並み以下だったとしても、仕事を紹介してもらえる得意先や人脈があればなんとかなることもあります。まずはその仕事をどこから取ってくるかというところが一番のポイントになってしまいますね。

営業や経理などもできる人

会社員であれば会社にお任せできることでも、フリーランスではさまざまな業務を自分で行わなければならなくなります。

まずは営業です。仕事は自動的に与えられるわけではなく、自分で探してコンタクトをとって受注する必要があります。つまり、自分をクライアントに売り込む営業活動ができることが必須です。なるべく良い条件で受注できるような交渉スキルもあるとよいでしょう。今はクラウドワークスやランサーズなどのプラットフォームを活用することもできますが、中間マージンを取られてしまいますからそこまで旨味はないでしょう。

次に経理です。仕事上でのお金に関することは、基本的に全て自分で処理することになります。たとえば仕事に必要な物品その他の購入、交通費、税金の支払い、クライアントからの入金など、日々発生するさまざまなトランザクションをひとつひとつきちんと処理していきます。

また、年度末には確定申告も待っています。最近ではクラウド会計などが普及してだいぶ楽にはなりましたが、それでも数日がかりの大仕事になることもあります。

自分という会社の業務をすべてやる・・ぐらいのつもりでいないとなかなか大変かもしれません。

指示されるよりも自分で考えて動きたい人

時間や場所にとらわれない自由な働き方ができるのがフリーランスです。誰かに指示されるよりも自分の判断で動きたい、という人はフリーランス向きといえるでしょう。

いつから仕事を始めていつ終わるのか、また、どこで仕事をするのかなど、自分の自由に決められます。上司などから指示されることはありません。自分の裁量で決められる部分が大きいため、ワークライフバランスを実現しやすいです。自由度というメリットを最大限に生かせて、それを仕事にできる人にはフリーランスが向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力がある人

フリーランスは会社の部署のようなグループに属する働き方ではなく、一人で作業することが多くなります。しかし、チームで協力して仕事をすることもないわけではありません。そのようなときは必要に応じて人脈作りや仲間作りができたりするような、輪を広げていくコミュニケーション力が求められます。

また、フリーランスでは最初から顧客がいることはレアケースといえるでしょう。顧客が訪れるのを待っているのではなく、自分から積極的にアピールし、コンタクトをとって顧客を開拓していかなければなりません。交渉力も伴った営業的なコミュニケーション力が必要になってきます。

電話やメールなどでのやり取り能力も含め、コミュニケーション能力がある人はフリーランス向きといえるでしょう。逆にそういったコミュニケーションが苦手という場合は、仕事を受注するのが難しいかもしれません。

自律できる人

フリーランスは会社員と異なり、監督する上司がいません。時間や場所に縛られず、誰からも指示されない自由があるのがフリーランスですが、裏返すと、怠けようと思えばいくらでも怠けられてしまうことになります。

たとえば、自宅で仕事をするなら、出社する必要もありません。ゲームやスマホでいつまでもダラダラ過ごすこともできてしまうのです。一人でも惰性に流されず、自律していけなければなりません。怠けたい遊びたい欲望を自分の意思でコントロールできないと、フリーランスで生活するのは難しいでしょう。

また、会社勤めであれば、さまざまな部署の業務を経験したりするうちに、職位が上がっていきます。しかしフリーランスでは、中長期でのキャリア計画を自分自身で立てなければいけません。また、前年よりもいい仕事をしていくような向上心をもって仕事を行っていかないと、いつまでたっても収入が上がっていきません。自分のことを100%自己責任で引き受けられ、成長していける人が、フリーランスに向いているといえるでしょう。

スポンサーリンク

独立(フリーランス)に向かない人のパターン5

それでは逆に、フリーランスに向かない人はどのような人でしょうか?向いている・向いていないの両側から特徴をみてみることで、自分がフリーランスに向いているのかをより正確に判断できるようになることが期待できます。

それでは、フリーランスに向かない人の特徴を見ていきましょう。

受動的な感覚の人

会社員では毎日きちんと出社し、与えられた業務をやれば、最低限の給料をもらうことができます。日々の義務をこなしさえすればいい、という受動的な感覚で仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、フリーランスでは、「やりたい仕事やできる仕事を自分から探す」という能動的なスタイルの働き方にならないと仕事が続いていきません。受身な姿勢のままではいずれ仕事がなくなってしまう可能性が高くなります

会社員に近い受動的な感覚の人は、あまりフリーランス向きとはいえません。

自己成長力がない人

何かを勉強したいというときに、たとえば会社員であれば社内研修があったり、社内に資料やマニュアルがあったり、上司や先輩がOJTで教えてくれたりします。

しかし、フリーランスではそのいずれも期待できないでしょう。自分で学習する方法を探した上で、基本的に独力で勉強しないといく必要があります

そもそも今何を勉強すべきかを、何が自分に足りないのかをつねに自分で考えていないといけません。時代の変化は早くなっていますし、今の自分の稼ぐスキルが将来的に陳腐化しないとは限らないからです。

自分に必要なものは何かを考え、自力で学習していく能力を身に着けていない人は、フリーランスでやっていくのは難しいでしょう。

健康面で不安がある人

フリーランスには有給休暇も充実した福利厚生制度もありません。そのため、病気などが原因で働けなくなることは、いきなり収入が途絶えることに直結します。会社員でいう「有給休暇」なんてものはもちろんありません。

原因は何であれ、一度でも納期に間に合わなくなると、顧客との継続契約が終了してしまう・・・なんてこともよくあるケースです。代わりに仕事を引き受けてくれる同僚も先輩もいませんから、うかつに風邪もひけない・・なんてことにもなりかねません。

また、ときには複数の顧客からの仕事が短期間に集中し、ほとんど不眠不休で働かざるをえなくなることもあります。そのため、体力や健康に不安のある人は、フリーランス向きではないでしょう。ある程度タフである必要があります。

基本的なビジネスマナーがない人

フリーランスといえどもビジネスマナーは重要です。むしろ会社の信用でなく個人の信用で商売をしなければならないフリーランスだからこそ、マナーの重みが増してきます。

電話応対や名刺交換の機会はそれほど多くないかもしれませんが、メールや電話でのやり取りは、かなりの頻度で発生するでしょう。

たとえば、きちんとした言葉遣い・敬語を使った文面を書けなかったりすると、顧客からの評価は下がってしまうでしょう。また、素早い対応を求める顧客への返信が遅くなったりすると、顧客の心証は悪くなってしまうでしょう。

ビジネスマナーに関しては、会社員であっても、フリーランスであっても絶対的に必要だといえるでしょう。なおさら、フリーランスは「1会社の代表」ということで、さらにビジネスマナーを求められるでしょう。

不安や孤独に耐えられない人

フリーランスには仕事がなくて稼げない時期があったりします。明日の生活費にも事欠くような状態になったりすればとても不安になりますが、こういった不安に耐えることも必要になってきます。さらに、そんな不安の中でも前向きに、次の仕事探しを継続していかないといけません。

ある程度安定して稼げている時期でも、メンタルは重要です。孤独感に苛まれることがあるでしょう。フリーランスでは人間関係の煩わしさが少ない反面、一人で仕事を行っていくので、気が滅入ってくるなんてこもあるでしょう。

苦楽を共にする同僚・仲間がいないさびしさやむなしさは、想像以上につらいものがあります。うつ病などの精神病にかかったり、徐々に社会性を失っていったりするリスクは軽視できません。

不安や孤独に耐えられる、ある程度のメンタルの強さがないと、フリーランスでやっていくことは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

独立(フリーランス)に向かない人はどうする?

フリーランスに向く人にあてはまらず、フリーランスに向かない人に多くあてはまったとしても、心配は不要です。

会社辞めてフリーランスになりたいと思ってたけど
やっぱり向いてなさそうだな・・・

 

この場合には、普通に会社員として転職したほうがよいでしょう。今の会社が向いていないだけで、会社員という働き方が向いていないとは限らないからです。他業種はもちろん同業種であっても他に会社はたくさんありますので、どこか自分に合う会社を探してみてみるというのも一つの方法として考えられます。

 

一度フリーランスになったら、もう会社員に戻れないのかな・・

こんな不安をもったことはありませんか?

結論からいえば、一度フリーランスになったからといって、もう二度と会社員に戻れなくなるわけではありません。フリーランスの時期のさまざまな経験を生かして、再び会社員として転職することも可能です。逆にフリーランスとして仕事をしてきた経験を生かして、年収UPの転職することだってできるかもしれません。

しかし、いきなり「フリーランスになる」というのは、正直あまりおすすめはできません。なぜなら、社会制度に守られている部分が少なく、クレジットカードが作れなかったりローンが組めなかったりするなど、社会的立場も弱いからです。そのため、まずは会社員として働き、実績や人脈を作り、ある程度自分だけで仕事が回せるようになってきたら、「独立を考えてみる」というのが、個人的には正攻法かなと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「フリーランスに向いている人・向いていない人について解説してきました。

以下、今回のまとめです。

独立(フリーランス)に向く人
・何らかの稼ぐスキルや手段がある人
・営業や経理などもできる人
・指示されるよりも自分で考えて動きたい人
・コミュニケーション力がある人
・自律できる人
独立(フリーランス)に向かない人

・受動的な感覚の人
・自己成長力がない人
・健康面で不安がある人
・基本的なビジネスマナーがない人
・不安や孤独に耐えられない人
・独立(フリーランス)に向かない人には転職がおすすめ

フリーランスは時間や場所にとらわれない働き方で、自分のやりたい仕事をすることができます。活動の自由度がとても高く、若くして同年代の会社員の数倍の年収を達成することも可能です。

 しかしその反面、社会制度に守られている部分が少なく、収入が安定しないなどのリスクが大きい働き方ではあります。そのため、高収入を求めて飛びつくのは非常に危険です。自分を今後どう売っていくのかどのようにビジネスを広げていくのかをしっかり考え、リスクも考慮しながら、計画的に「独立・フリーランスへの道」を進めていくことが大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事