ブラック企業を辞めたい!と思った時に準備しておきたいこと
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

会社がブラックすぎて早く辞めたい・・・

と思っている方もいるのではないでしょうか?長時間労働や休日出勤で体も、心もクタクタになっていて、この状態が長期間続いているのなら、もしかしたら、あなたの会社はブラック企業かもしれません。ブラック企業に勤め続けると、肉体的にも精神的にも消耗してしまうことも。

たしかにつらいけど、どうやってやめればいいのかわからない・・、今の会社辞めても次の会社に就職できるか不安といった声もあるかと思います。

前回のブラック企業記事と重複する部分がありますが、今回はさらに深堀をしていき、実際にブラック企業を辞めるにあたってどのような行動をとっていけばよいのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブラック企業の判断基準

まずは今働いている会社がブラック企業かどうか?を判断してみましょう

ちなみにブラック企業とは一般的に、長時間労働の休日出勤が常態していたり、賃金の未払いなどの違法行為が行われてたりする企業のことを一般的には指しています。ここでは、自身の会社がブラック企業かどうか判断するポイントを一緒に確認していきましょう。

労働時間をチェックしてみよう

ブラック企業の多くは長時間労働が当たり前になっているので、まずは自分の残業時間が毎月どのくらいあるのかをチェックしてしましょう。

厚生労働省は1ヶ月の残業時間が80時間を超えている場合、過労死ラインと定めています。ちなみに過労死ラインとは、長時間労働と健康障害の因果関係を証明できる時間外労働時間の目安です。もし残業時間が80時間を越えているのなら、ブラック企業の可能性があります。

次に休日が週に1日以上取れているかどうか確認してみましょう。労働基準法では週1日以上の休日を与えなければならないと定められています。そのため休日が週1日以上取れないのなら、ブラック企業の可能性が高いかもしれません。

また休憩時間の有無も判断基準の1つです。休憩時間が労働時間の途中に、労働時間が6時間を超える場合は45分以上。8時間を超える場合は60分以上休憩時間を与えなければならないと定められています。

このようにまずは、月の残業時間、休日、休憩時間からブラック企業かどうか判断してみましょう。

給料をチェックしてみよう

次は給与面です。給与の未払いや残業代の未払いがあるかどうかはブラック企業かどうかの判断基準の一つです。合わせて給料が最低賃金以下かどうか、労働契約や就労規則にない給料が減額があるかどうかもチェックしてみましょう。

また税金や社会保険料以外にも旅行の積立費や親睦会費、業務上のミスで生じた損害などが勝手に天引きされている場合は法律違反の可能性が高いです。これらは給料明細をみれば、確認することができるため、過去のものも含めて一度チェックしてみましょう。

人事関連を疑ってみよう

法律上の管理監督者は、経営者に近い権限や責任を与えられていることから、残業代を支払わなくていい。かつ残業時間の上限がなく、法定休日も与えなくていいと定められています。そのためブラック企業の中には、この制度を悪用し、名前ばかりの管理職を増やしてるところも多いです。


それ以外のにも男女間で評価が不平等だったり、不当解雇が横行していたり、また反対に退職させてもらえないなら、ブラック企業の可能性が高いでしょう。

社員を使い捨てすることを前提に大量に採用、大量離職が当たり前になっているような企業は、ブラック企業の恐れがあるため注意が必要です。

会社の文化をチェックしてみよう

パワハラやセクハラはありませんか?

例えば、同僚の前で上司から激しく叱責されたりや就業間際に急ぎの仕事を大量に押し付けらたりする行為が日常的に行われているようであれば、パワハラが横行されているといってもいいかもしれません。

また、無駄に半ば強制的に誘われる飲み会に行かされているなんてことはありませんか?長くいるとそれが当たり前のようになっているかもしれませんが、これもブラック企業の特徴の一つになります。

スポンサーリンク

ブラック企業だけど辞めたくない

ブラック企業だとしても、仕事の内容や社内の人間関係が理由で辞めたくないと思っている人も多いでしょう。しかし、ブラック企業で働き続けることによって思わぬリスクが存在します。ブラック企業で働き続けるリスク、そして、働きやすい環境を作るためにできることを確認していきましょう。

ブラック企業で働き続けるリスクを認識しよう

ブラック企業で働き続けることで、肉体や精神だけでなく、経済的にも大きなダメージを受けます。例えば長時間労働によって、充分な睡眠や休息の時間が確保できないためうつ病になってしまうリスクが高まります。また残業代が未払いの場合、本来受け取るべき賃金が受け取れないという経済的損失を被り続けることになるでしょう。

このようにブラック企業で働き続けるリスクは、想像以上に大きいものと考えたほうが良いでしょう。

会社に対して改善要求をしてみよう

会社に対して今の環境を改善を要求することは、現実的に難しいかもしれません。そのようであれば、労働基準監督署に相談することから始めてみてはいかがでしょうか?労働基準監督署は全国に321署もあります。そのため、あなたも最寄りの労働基準監督署に、直接訪問して相談・申告することが可能です。

労働基準監督署は厚生労働省の管轄機関で、企業が労働基準法などの違反している場合、是正するように指導を行います。ブラック企業の多くは、残業時間や残業代の未払いなど違法行為を犯している可能性が高いため、まず労働基準監督署へ相談してみてください。

スポンサーリンク

スムーズに辞めるために準備すること

退職を決めた場合、スムーズに次の会社へ転職するためには、事前の準備が欠かせません。ここでは、ブラック企業をスムーズに辞めるために準備しておきたいことを確認していきましょう。

退職後の収入を確保をしよう

退職後の経済的なリスクに備えるために、失業保険の給付条件・貯蓄(最低限必要な生活費)を確認してください。失業中は失業保険を受給できますが、退職した場合、たとえブラック企業だったとしても、失業保険を受け取れるのは退職後3ヶ月以降です。そのため退職後すぐに次の転職先が決まっていない場合は、無収入の状態がしばらく続いてしまいます。

できれば半年から1年分くらいの生活費は貯蓄として準備しておくと安心でしょう。またブラック企業の中には、有給を使わせずに退職させてしまうケースもあるため有給の残数も確認しておくとよいでしょう。

スムーズに退職手続きを進めるために、あらかじめ就業規則を確認しておきましょう。法律では2週間前に退職の意思を会社に伝えれば、どのような理由に関わらず退職できますが、就業規則を理由に退職を認めないケースも考えられるため、就業規則に従って退職の手続きを進めるいいでしょう。

転職活動を始めよう

給料や残業代の未払いが理由で、退職する場合、充分な貯蓄がないケースが多々あります。この場合は、在職中に転職活動を始めるのも1つの手です。ただし、仕事をしながらの場合、転職活動に使える時間が限られてしまいます。転職エージェントなどを活用して効率的に、転職先を探すとよいでしょう。

辞められない時の対処方法

ブラック企業の場合は、社員を引き止めるために、退職届を受け取らない、離職票を発行しないなどの対応を行うケースがあります。このような場合は焦らずに、次のような対応を行いましょう。

退職届を受け取ってもらえない場合

退職届けを受け取ってもらえない場合は、郵送で退職届けを送ることができます。法律で2週間前に退職の意思を会社に伝えれば、どのような理由に関わらず退職できると定められています。退職届を郵送した日付から、2週間後の日付で退職が可能です。退職届を破棄されたり、届いていないことにされないようにするために内容証明郵便で必ず送ってください。会社から支給されているものがあれば、この時に一緒に送るとよいでしょう。

離職票を作成してくれない場合

退職に対する嫌がらせとして離職票を作成しないケースがあります。通常離職票は退職日から10日前後で自宅に届きます。そのため退職日から2週間以上経っても届かない場合は、対応が必要です。このようなケースの場合、最寄りのハローワークの窓口へ相談に行き、会社に対して離職票を作成するように催促してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はブラック企業を辞めるにあたっての準備について具体的に紹介しました。以下まとめになります。

ブラック基準の判断基準
・労働時間をチェックしてみよう
・給料をチェックしてみよう
・人事関連を疑ってみよう
・会社の文化をチェックしてみよう

ブラック企業だけどやめたくない場合
・ブラック企業で働き続けるリスクを認識しよう
・会社に対して改善要求をしてみよう

スムーズにやめるために準備すること
・退職後の収入を確保しよう
・転職活動を始めよう

辞められない時の対処方法
・退職届を受け取ってもらえない場合
・離職票を作成してくれない場合

あなたの会社がブラック企業だった場合、我慢し続ける前に早めに退職した方がよいでしょう。もしかしたら今後のの生活を考えた時に、辞めることためらってしまう人も多いかもしれません。しかしブラック企業に勤め続けることで、肉体的にも精神的にも、そして経済的にもダメージを受けてしまう恐れがあります。一度そのような状態になってしまうとなかなか復活は難しいとよく聞きます。

世の中に、会社はまだまだたくさんあります。今の会社だけにしがみつくことよりも、まずはいろいろな情報収集を行ってみることで、見えなかった世界が見えてきます。一人で悩みすぎてしまうのもよくないので、気の許せる周囲の人に相談しながら、いろいろ情報を集めてみることをオススメします。

スポンサーリンク
おすすめの記事