仕事のストレスがやばい!効果的なストレス発散方法とは?
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

仕事がきついのに給料が少ない、人間関係がうまくいかない・・・仕事をする上でのストレスがやばいと感じることが多い時代になりました。

ストレスが多いと仕事の能率が低下したり、病気になったりすることもあります。ストレスを溜めてやばい状態にならないようにコントロールすることは、とても重要なのです。

この記事では、さまざまな場面で実践できるストレス発散方法をたくさんご紹介していきます。ご自身に合った方法を見つけて、仕事でストレスを感じたときにぜひ実際に試してみてください。

スポンサーリンク

職場で気分転換して発散する

まずは職場でストレスを感じたとき、その場で発散する方法です。比較的手軽にできるので、ストレスへの応急措置としても有効です。

自席で座ったままできることでは、深呼吸やストレッチがあります。また、手などにあるツボを押したり目薬を注したりすることもできます。

コーヒーやお茶を飲んだり、甘いお菓子やミント系のお菓子を食べてエネルギー補給をしてもいいでしょう。気のおけない同僚との雑談も気晴らしになります。

しばらく自席を離れられるなら、短時間のウォーキングをしたりもできます。ちょっと一人になりたいときには、トイレにこもると気分を落ち着けられます。

スポンサーリンク

仕事以外の活動で発散する

仕事が終わった後や休日には、積極的に仕事以外の活動を行うことで、ストレスを発散することができます。

自分のやりたいことや好きなことをやって自分を解放し、楽しい気分になることで仕事のストレスを上書きして解消する戦略です。

お酒を飲んだりおいしいものを食べたりすると、酩酊感や満腹感も手伝って、ストレスを発散できます。カラオケに行って大声を出すのもストレス解消に効果的です。

サウナやエステに行ったり、スポーツジムで少し汗を流したりするのもおすすめです。温泉やテーマパークなどに出かけて、少しの間だけでも日常からはなれてみるのもおすすめです。

買い物に行って、洋服や電化製品など、何か自分の欲しいものを買うのも、ストレス発散につながります。たまには贅沢をして自分へのご褒美があったりすると、仕事に張り合いが出てくるでしょう。

ただし、暴飲暴食や散財には十分気をつけてください。ストレス発散のためとはいえ、やりすぎは禁物です。

スポンサーリンク

ひたすら休息に専念する

疲れていてストレスがとくに重いときなど、積極的に活動する気力が足りなくなってしまうことがあります。そんなときは無理せず、ひたすら休息して回復に専念するほうがよいでしょう。

自宅でのんびり過ごしているうちに、いつのまにかストレスが発散できていることもあります。ぼーっと何も考えない時間も大切なのです。

ゆっくり入浴し、ぐっすり睡眠をとる。何かと慌しい現代において、じつはこれこそが最高のストレス発散方法なのかもしれません。

自宅で少し活動できるなら、掃除や洗濯をすると、一仕事終えたという軽い達成感で気分がよくなったりします。

仕事と関係ない好きな本を読んだり、好きな音楽を聴いたりしてもよいでしょう。映画やドラマをみるなら、いわゆる泣ける作品で涙を流すとカタルシス(浄化作用)が得られます

ストレスは溜め込まないように

以上のような方法によって、ある程度はストレスを発散させることが可能になります。

しかし、仕事内容や給与待遇への不満や、人間関係の悩みや将来への不安など、ストレスの種は日々何かしら新たに発生し、仕事を続けていく限り、完全になくなることはないでしょう。

自分一人の行動でなんとかするだけでなく、家族や友人や同僚などの信頼できる人に話を聞いてもらうと、ストレスを溜めずにすむようになります。

適当な話し相手がいないとか、話したくないような場合では、ストレスになっていることを紙に書くだけでもやってみてください。

人に話したり紙に書いたりすることで、ストレスの正体に気づいたり、さらにそのストレスへの対応や解決策を思いつくこともあります。

とにかく、ストレスは溜め込まないことが肝心です。ストレスが溜まっていると感じたときは、すでに中程度のストレスが溜まっていると考えたほうがいいです。ストレスに対して何らかの適切な対応をとってみてください。

そもそもストレスを発生させないために

すでに発生したストレスを事後的に発散させること以前に、そもそもストレスの発生を事前にできるかぎり抑えておく、という考え方もあります。

仕事の進め方を工夫したり、周囲とのコミュニケーションのとり方を変えてみるなど、自分をとりまく状況を自分から改善できれば、ストレスの発生を少なくできる可能性があります。

また、ストレスに対するマインドセットを変えるというやり方もあります。ストレスを悪いもの嫌なものとネガティブに捉えるのではなく、乗り越えるべき壁や成長の機会としてポジティブに考えるのです。

性格面では、悲観的でなく楽観的に考えたり、完璧を追い求めすぎないようにしたりという姿勢を心がけていると、ストレスに対する耐性が上がります。

とはいえ、現在の職場で仕事を続けているかぎり、慢性的にストレスを抱えてしまい、今後もそのような状況の改善が見込めないような場合もあります。そのときは最終手段のひとつとして、転職が視野に入ってくることになります。

まとめ

仕事のストレスの発散方法についてみてきました。以下がこの記事のまとめです。

・職場で気分転換してストレスを発散する
・仕事以外の活動を積極的に行って発散する
・ゆっくり休息してストレスから回復させる
・人に相談したり紙に書いたりしてストレスを溜めないようにする
・仕事のやり方やストレスへの考え方などを変えたりしてストレスの発生を抑える

よく知られているように、適度なストレスは脳を活性化し、仕事に緊張感をもたらすなど、決して悪いものではありません。ストレスの発生と発散を可能な範囲でコントロールし、うまくバランスをとっていくことが大切なのです。

しかし、ストレスが過大になって押し潰されてしまうくらいになってしまうと非常に危険です。もしストレスでそのようなやばい状態になりかけたら、心がぽきっと折れてしまう前に、すみやかに専門医の受診を受けるなどの対処をとるようにしてください。

この記事が、少しでも皆様の上手なストレスコントロールのお役に立てたなら幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事