もしかしてブラック企業?ブラック企業の特徴とは?
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

みなさんは今働いている会社の労働環境はいかがでしょうか?

労働時間が長すぎる・・・

ほぼ毎月休日出勤があるよぉ・・・

残業代が払われない・・・

など、世間一般的に、ブラック企業の特徴としてあげられるものは多くあります。今回は、そんな悩みを持つ方へに向けて、ブラック企業の特徴について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

ブラック企業の定義って?

そもそも、「ブラック企業」の定義を明確にする必要がありますよね。以下厚生労働省のHPから引用しました。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。
このような企業に就職してしまった場合の対応としては、第一義的には会社に対して問題点の改善を求めていくことが考えられます。しかしながら、新入社員が単独で会社に問題点の改善を求めて交渉等をするのは現実的には非常に難しいと考えられます。したがって、問題点に応じて、外部の関係機関や労働組合に相談することも有効な手段と考えられます。

では、上記について見解をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

労働時間について考えてみる

労働時間が長いだけではブラックといえるのか?

労働時間が長いことは、確かに過酷な労働環境であることは間違いないです。しかし、それ相応の給与が支払われているのなら「それでよし」とする人達はいます。

実際に残業代が残業した分だけ支払われる会社では、それをありきに月の収支を計画する人もいます。あえて残業することで稼げる会社と捉えているのです。そのため、労働時間が長いというだけでブラック企業だと決めつけてしまうのはやや強引かもしれません。

時給を換算したらにいくらになる?

労働時間に対してどれくらいの給与が支払われているかは非常に重要です。どうしても月給や年収で見てしまいがちですが、時給換算した時にいくらになるかを考えることでブラック企業を見極めることができます。

例えば、残業が全くなく月176時間(8日休み計算)で月収30万円なら時給は1700円ほどです。対して月収が35万円でも毎日3時間残業があったとすると、労働時間は242時間になり時給は1444円と1500円を下回ってしまいます。

この様に考えることで、どこまでが許容範囲なのかを自分自身で決めておくとよいでしょう。ちなみに時給で1000円を切ってしまうような職場はアルバイトをした方がマシなのでブラックな可能性が高いと見てよいかもしれません。

実際に働いている時間と給料としてもらっている給料をしっかり把握しておくことが大事です。

スポンサーリンク

理念が綺麗すぎる会社も要注意!?

次に、個人的に捉えているブラック企業の特徴として、理念が綺麗すぎるという会社です。これがどういうことかを解説していきましょう。

お金を得るためにやっているんじゃないという精神論の強要

皆さんは何故仕事をしているのでしょうか?様々な理由があると思いますが、やはり生活をするために仕事をするということがまず最初にあげられるでしょう。そうした時に綺麗すぎる理念を掲げている会社では、「理念追求のためにやっていることなのだからお金のことは考えるな」と精神論を強要してくる可能性があります。

いわゆる昔からの「体育会系気質の会社」っていう感じですね。

つまり、残業や昇給のことなど気にするな!という意味になります。残業を拒んだり、昇給しないことに対して不満を言えば、「理念を追求したくないのか?」と言われてしまいます。

もちろん、理念が綺麗な会社で、しっかりとした昇給制度がある会社もあります。1つの切り口として捉えてみるとよいでしょう。あまりに理不尽なようであれば転職を検討するのも1つの手かもしれません。

ブラック企業にあるある!の負のループ!

前半部分では、世間一般的なブラック企業の要素を時給という切り口で解説しました。後半部分では、独自の視点でブラック企業の要素があると思える企業の特徴を解説していきたいと思います!!

会社でどう出世するかしか話されない会社

社会人にとって自己投資は非常に重要です。例えば本を読んだり、セミナーに行ったり、異業種交流で人脈を広げたりすることで市場価値が上がれば転職などにも有利に働くからです。しかし、ブラックな企業では、こうした話は一切されません。理由としては「市場価値をあげて転職する」という行為自体が裏切り行為として見なされるからです。

ブラック企業の多くは、日本の古いしきたりを大事にします。年功序列や終身雇用も例外ではありません。その様な制度を盲信している世代が経営をする会社では、自己投資をして市場価値を上げるという行為自体があり得ない行為なのです。

このような会社では、トレンドになっているスキル、例えばプログラミングスキルを身につけるとどうなるか?などは一切話されることはなく、偉い人達の昔話を聞く方が価値があると押し付けられます。私も以前勤めていた会社で、上司からさらに上の上司の話を聞くために飲み会に参加するように言われたこともありました。この飲み会というイベントが負のループの始まりです。

上の立場の人との強制参加の飲み会が多い

先ほど解説したように、ブラック企業では今まで結果を出して出世をしてきた人の話に価値があるとされています。また、そのような話を聞く機会を用意していることを有り難く思えという圧力も発生します。したがって、ブラック企業では上の立場の人達との強制参加の飲み会が非常に多く発生します。断ろうものなら出世街道から外れますし、上司から嫌味を言われることもあるでしょう。強制参加の飲み会は下の立場からしている人からすれば仕事も同然ですが、お給料は発生しません。これが頻繁に行われている会社は前半部分で解説をした時給計算した際の給与が下がっていくのに直結していきます。

またこのような飲み会はさらにブラックなループに陥る要因にもなります

お金を貯めることができない仕組みがある

先ほどの強制的な飲み会はまさにこの仕組みの1つです。会社が経費として負担してくれるならいいのですが、大抵はお金を徴収されます。1回の飲み会で3000円取られたと仮定し、これを週2回、月8回行われたとします。そうすると24000円ものお金を消費してしまうことにつながります。24000円を毎月貯金するだけで将来の生活は変わりますし、自分に投資することで様々な選択肢が広がります。

しかしブラック企業では、このようにお金を貯めることができない仕組みがあることで、転職などにもリスクを負わせる状況を作ります。そうすることで従業員は転職をする選択肢を取ることができず、いつまでも会社に従わされてしまうのです。

ブラック企業の定義を自分の中で持とう!

後半部分では個人的に負のループを切り口にブラック企業を解説しました。これは私の中で定義しているブラック企業の特徴です。

ブラック企業の定義は価値観が違えば変わってきます。そのため、自分自身の中でブラック企業を定義することで、そのような会社にはいかない!いる意味はない!という強い志を持つことが大事です。

会社はあくまで、雇用主と従業員という関係でそれ以上でもそれ以下でもありません。会社の理不尽な要求により、自分の体や精神が崩壊してしまったら意味がありません。追い込まれている人に限って、会社を絶対的な立場に考えてしまう人も多いですが、そうなる前に自分なりの対策を考え、周りの人や転職エージェントに相談することも大事です。一度きりの人生ですからね。やりたいことをやったほうが絶対にいいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下、ブラック企業に対するのまとめです。

・自分の労働時間と給料をしっかり把握しよう
・企業理念がきれいすぎる会社もちょっと要注意
・自分の市場価値を高めることを禁止とする会社は論外!早々に退職しよう。
・強制的な飲み会のある会社は要注意
・自分の中でブラック企業の定義を持とう
ぜひ今一度、自分の労働環境を見直してみて、納得がいかない場合には転職を考えるのも1つの手だと思います。会社に依存することなく、あなたの市場価値を高めていけるような会社で成長していくことが会社・あなたともに成長につながると思います。
スポンサーリンク
おすすめの記事