アクセンチュアの昇給額は高い?ボーナスはある?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

 

 

以前アクセンチュアの給料についてお話ししました。

今回はアクセンチュアの昇給・ボーナスについて解説していきたいと思います。

昇給ってだいたいいくらぐらいアップするの?

ボーナスはあるの?
こんな疑問について解説していきたいと思います。
アクセンチュアへ転職を考えている方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

ボーナスは意外に少ない?

アクセンチュアは大きく

・コンサル職
・エンジニア職

の2つに分かれており、「コンサル職」については年棒制になっています。そのためコンサルの場合には、基本的にボーナスはありません。しかしマネージャー職になると成果によってはボーナスが出るという仕組みになっています。

 

 

 

一方「エンジニア職」は年棒制ではないため、ボーナスが支給されます。

 

しかし基本的に月収が平均よりも高く設定されているので、おおよそ出ても1.5か月分ぐらいでした。基本は年に1回です。業績がいい場合には年に2回に支給されることもありました。

 

 

 

 

が、ここで一つ注意が必要です。

査定評価で最低ランクを取ってしまうとボーナスが一切支給されません。

ここら辺は外資っぽい特徴です。最低ランクというのは全体の中の下位5-10%を指します。そのため、エンジニア人口の全体の約10%は毎年ボーナスをもらってないという計算になります。月収1.5か月が出ないというのはかなりインパクトが強めですね。

 

 

 

え?ボーナス0なんてほんとにいるの?
って思うかもしれませんが、プロジェクトで一緒になった人でも数人いました。

最低ランクをとってる人ってよっぽど使えない人・・・?
 と思うかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。評価に関しては所属プロジェクトの上司との相性にかなり左右され、その人に好かれているいないかが大きく影響しているように思います。
相性ですね。 本当に本当に仕事ができなかったらおそらくどこのプロジェクトにも所属していないでしょう

前のプロジェクトでは上司と馬が合わなくて、最低ランクつけられたことあるよー
そのため、評価を絶対と受け止めないで、単に相性の問題と捉えて早々に別のプロジェクトに移動願を出すというのも一つの手段です。
\アクセンチュアの転職に強い/
アクシスコンサルティングに
相談する

10000名の転職志望者を支援
スポンサーリンク

アクセンチュアの昇給額はどれぐらい?

アクセンチュアでは年に1度昇給のタイミングがあります。こちらも上記のボーナスの査定と同様に評価されます。

 

例えば職位が一つ上がると、だいたい年収ベースで200万ぐらいあがるイメージだとおもいます。エンジニア職の場合はコンサル職よりもさらに細かく職種が分かれているので、100万UPぐらいのイメージです。

 

 

以下が想定年収になります。

エンジニア職の場合

クラス 想定年齢 想定年収
アソシエイト 大卒1~2年目 350万
アナリスト 23歳~27歳 350-450万
シニアアナリスト 25歳-29歳 450-550万
チームリード 30歳~35歳 600-750万
アソシエイトマネージャー 35歳~40歳 750-850万
マネージャー 38歳~43歳 850-1000万
シニアマネージャー 42歳~ 1000-1200万
マネージングディレクター 無理? ??

コンサル職の場合

クラス 想定年齢 想定年収
アナリスト 大卒1-3年目 450-550万
コンサルタント 25歳~30歳 550-750万
マネージャー 30歳~35歳 800-1000万
シニアマネージャー 35歳~40歳 1200-1500万
マネージングディレクター 40歳~ 2000万-

 

もちろん職位(クラス)が上がらなくても一定額の昇給はあります。

年収の3%-8%の昇給

になります。

 

 

仮に800万の年収だった場合、平均的な評価でも年間24万円のUPになります(月2万円の昇給)。日系企業の場合には多く見積もっても月5000円-10000円が昇給額の相場と考えるとかなり大きいのかなと思います。

 

 

またアクセンチュアではそれぞれの職位について

X年以内に次のクラスへ昇格してくださいね

という指標があります。

 

 

もしそれが達成できないと、周りからは「できない」という烙印を押されてしまい

・プロジェクトを外される
・別の部署に異動になる

といった可能性は十分あります。

 

 

最悪なのは、年間査定で最低ランクがついてしまうと、

・ボーナスカット(エンジニア職の場合)
・昇給額0

ということにもなってしまいます。

 

 

そのため成果が出せないと、厳しめの給与体系になっています。

 

 

\アクセンチュアの転職に強い/
アクシスコンサルティングに
相談する

*元コンサルメンバー多数在籍*
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はアクセンチュアのボーナスや昇給について紹介させていただきました。

 

 

以下まとめです。

・エンジニア職はボーナスが出る
・コンサル職もマネージャー以上になり評価をされればボーナスが出る。
・最低ランクを取ってしまうとボーナスはゼロ
・昇給は年収の3-8%ぐらい。
・クラスが上がるとおおよそエンジニア職は100万UP、コンサル職は200万UP
・最低ランクを取ってしまうと昇給はなし
ハードなイメージを持たれたかもしれませんが、基本的に最低ランクに入らなければかなりの割合で昇給していくため、日系企業に比べると給与体系は恵まれています。
ぜひ自信のある方は、アクセンチュアに転職し、ハイパフォーマンスを上げ年収UPにつなげていっていただければと思います。
\アクセンチュアの転職に強い/
アクシスコンサルティングに
相談する

*元コンサルメンバー多数在籍*

転職を考えるのなら最低限やっておくべきこと

業界No1のリクルートの2つのサービスは必ず利用しておきましょう!

リクナビnextに登録する

僕はリクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
\企業からの面接オファーが届く/
リクナビnexに登録する

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
書類選考通過率大幅アップ
リクルートエージェントに相談する
スポンサーリンク
おすすめの記事