アクセンチュアはつかえないと、すぐクビになるの?【元社員が語る】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

「アクセンチュア」についての雇用制度について紹介していこうと思います。

アクセンチュアの転職面接についてはこちら

外資系コンサル会社だとのは仕事が成果を発揮できないとすぐ「クビ」というイメージがありますが、アクセンチュアでは実際どうだったのか?

やっぱりアクセンチュアも使えないとすぐにクビになるの・・・?
今回は、こんな疑問について解説していこうと思います。
スポンサーリンク

どのように評価されるの?

前回の記事で、プロジェクトの予算内で飲み食いができるという話をしましたが、まずアクセンチュアでは、プロジェクトに所属し、業務を行います。

そして、そのプロジェクト内での働きが評価につながるわけですが、ちょっと間接的な評価を行っています。
まず、社員一人には必ず「カウンセラー」と呼ばれる人が付きます。このカウンセラーは必ずしも評価する社員とプロジェクト内にいるとは限りません。別のプロジェクトに所属している場合もあります。人事評価はそのカウンセラーが行うのです。

え?でも同じプロジェクトで働いていないのに、評価なんてできるの?
その通りです。
どのように評価を行うかというと、自分のプロジェクト内の上司から「仕事っぷり」をカウンセラーが聞いて評価を行うというわけです。そのカウンセラーとプロジェクトが別の場合には、本当に年に数回会うだけでしたね。
なので、カウンセラーはあくまで「評価を伝える」だけで、実質評価のカギを握っているのは直属の上司となります。上司に気に入られれば上がりますし、気に入られなければ下がります。普通の会社と同じですね。
あえて間接的にするのは、情が入らないようにあくまで第三者目線で公平に評価するという意図からなのでしょうか。理由はわかりませんが。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**
スポンサーリンク

評価が低いとクビになるの?

今回の本題ですが、評価が低いとどうなるか?

クビにはなりま、、

 

 

 

 

せん。意外にも。(笑)

自分が在籍した時には少なくとも会社側からクビにされたという話は聞いたことがありませんでした。しかし、悪い評価が続くと、ほぼ自分から辞めていく社員がほとんどなのではないでしょうか。

アクセンチュアでは「次の役職に〇年以内に上がってください」いう指標が用意されています。

そのため、その期間内に役職が上がらなければ、「できない社員」と暗黙の了解で社内で知られてしまいます。

そうなると、今のプロジェクトでは成果が出せないので別の部署に異動させようとなるわけです。そのため、プロジェクトをいったん外されることになります。そして、「アベイラブル」という状況になります。

アベイラブルになると「みなとみらい」にあるアベイラブル専門の部屋に移動することになります。

**転職サイト最大手!転職決定数No.1**
スポンサーリンク

「アベイラブル」部屋とは?

アベイラブルとは「利用可能」というなんとなくいい意味に聞こえますが、アクセンチュアでは「こいつ今暇で使えるよ」というあまりポジティブなイメージはありません

アベイラブル部屋は、みなとみらいにあるアクセンチュアの研修センターみたいなところです。机と椅子が教室の中に並べられただけの部屋です。そこにロジェクトに所属していない社員が毎日出社します

アベイラブル部屋は、上記のように使えない社員がプロジェクトを外されて集まってくることもあります。

しかひ、プロジェクトが無事完了して次のプロジェクトに入るまでの待機時間を過ごすために一時的に入るなど、一概に「使えない人」の集まりとは言い切ることはできません。

しかし、ここに何か月もいる場所かといわれると、長くて1か月で出ていく人がほとんどでしょう。

**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

「アベイラブル」部屋で何してるの?

さて、そんな研修センターみたいなところで何をやっているのかというとひたすらEラーニングです。毎日定時の時間に来て、会社が用意したEラーニングやそれぞれの勉強を机上で行い、定時の時間に帰るという繰り返しです。

まあ、見方によれば「勉強できる」できますが、まあ飽きますよね。8時間も誰もしゃべらない空間でただひたすら勉強って。

何やってるんだろ、、、おれ、、、

って普通の人ならなると思います。なかなか精神的につらいですよね。

自分も2週間ぐらいプロジェクトの合間に行ったことがありますが、誰とも1日も話をせず黙々とEラーニングをやり続けるって結構きつかったです。疎外感というか。。

噂では、「アベラブル部屋の主」みたいな人がいて(笑)、1年近く椅子を温め続けている人がいるなんて話を聞いたこともありました。

一般的には、アベイラブル部屋にずっといることはなく、その間に新しいプロジェクト側から面談という形でオファーが来て、新プロジェクトに所属するという流れになります。

しかし、あまりにアベイラブルの時期が長い人は、そういうオファーも少なくなりますし、社内では「この人はどこにも及び出ない人」というレッテルが張られ、孤立感は増していくと思います。

まあ、逆に1年勉強してまあまあのお金がもらえるならおいしいのかもしれませんが、普通の精神では耐えきれないでしょうね。少なくとも自分は無理でした、1週間でもきついです。

そのため、だいたい3か月以上アベイラブル部屋に居続けるってことは、仕事を変えたほうがいいんじゃない?という会社からのメッセージなのかなと思いました。まあクビにならないけど、「事実上クビ」ということになるのかもしれません。

**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アクセンチュアでは使えないとクビになるのか?について検証してみました。

以下、まとめです。

・人事評価は上司ではなく「カウンセラー」と呼ばれる別プロジェクトの人が行う
・評価が低くてもクビにはならない
・プロジェクトを外れると「アベイラブル部屋」に異動になる
・アベイラブル部屋ではひたすら無言でEラーニングをする
・アベイラブル部屋に3か月以上いる場合は自主退職する人が多い
なかなか厳しい世界ですが、上記の状況で退職するのはごく一部かなとは思います。自分が中途で一緒に入社した同期の中には、アベイラブル部屋に居続けた人はいませんでした。
やはり外資とはいえ、会社から辞めろとはなかなか言いづらいんでしょうか。ちなみに中国のアクセンチュアとよく仕事をしていましたが、中国ではバサバサ人を切りまくってました
そのため中国のアクセンチュア社員は結構毎年プレッシャーがすごいよ、なんて話をしていたのを思い出しました。まだ日本は恵まれているってことですよね。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

アクセンチュアへの転職なら

アクセンチュアの転職なら業界No1のリクルートを利用することをオススメします!

リクナビnextに登録する

僕は、リクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
**圧倒的な書類選考通過率**
スポンサーリンク
おすすめの記事