アクセンチュアで英語を使う機会は?TOEICスコアは?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

 

 

今回はアクセンチュアの英語力について解説していきたいと思います。

 

アクセンチュアでは英語がしゃべれないと大変?

会議は英語でするの?

TOEICのスコアはどのくらい持ってるの?
こんな疑問に答えていきたいと思います。
アクセンチュアに入社を検討している方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

では、まず業務で英語を使うかどうかについて解説していきます。

 

 

ずばり答えとしては

所属するプロジェクトによる

です。

 

 

外資企業といっても、当たり前ですが、アクセンチュアジャパンの場合、顧客はほとんど日系企業なので、仕事相手もほとんど日本人です。(※まれに外国人がいる場合もあります)

 

 

例えば、楽天のように社内の公用語を英語にしているような企業のプロジェクトに所属した場合には、英語を使用することになります。所属するプロジェクトに合わせます。まだその割合もまだまだ少ない印象ではありますが、今後は英語の需要は増えてくるので、できるに越したことはないでしょう。

 

アクセンチュアの新卒は英語力が高い

様々なプロジェクトでアクセンチュアに新卒で入ってきたメンバーと仕事をする機会も多かったのですが、英語力が高いと感じました。

・留学経験がある
・外国の大学に通っていた

というのは普通で、「ペラペラ」レベルの人が多かったです

 

 

逆に英語レベルが低いのは、中途で入ってきたエンジニア職の人です。TOEICの点数でいえば、300点レベルのマネージャーも結構いました(笑)

 

 

しかし、TOEICスコアが著しく低い場合には、会社から「勉強しろ」メールが飛んできて勉強させられます。

基本的に「マネージャーはTOEIC650点以上ないとなれない」というルールがあるので スコアがない場合、次の査定タイミングで給料に響く可能性も十分あり得ます。

社内メールは英語??

次に社内メールについてです。

 

全社的に送られるメールは基本的に英語でした。そのため重要な研修や手続き系の作業の締め切りなどの場合、しっかり読まないと後々大変なことになります。話せなくても読むことは最低限出来る必要があります。

 

  Google翻訳にコピペでもおおよその意味は理解できると思いますが

 

 

 

しかしあるタイミングで、社内メールの日本語版が一緒に添付されてくるようになりました(笑)

だめじゃん・・・・

おそらく、中途採用のメンバーで英語できない人が多く入ってきたからかもしれません。

 

*7日間無料でお試し可能*
スポンサーリンク

マネージャーになるにはTOEIC650が必要

アクセンチュアではマネージャー職に昇進するためには、TOEICのスコアが650点必要になってきます。

 

 

日系企業の楽天でも800をボーダーとしているのに、外資コンサルでのマネージャーのボーダーが650というのは正直低いと思います。ただ日本の場合正直底まで英語を使う機会がないので、TOEICスコアで選んでしまうと、即戦力となる人材が限られてしまうという現状があります。

 

 

私のように英語を大学以降ほぼ勉強していなかったレベルでも、3か月勉強して700点に到達できたので、基本的にTOEICの場合、それ専用のテクニックをつけてしまえば650点のラインを超えることはそこまで難しくありません。

 

別のサイトで「TOEICを3か月で700点まで到達させた記事」を書いているの良ければ参考にどうぞ。

 

しかし、TOEICで700取っても全くしゃべれるレベルにはなりません。あくまでテスト対策で超えられるラインです。

採用基準にTOEICスコアは必須?

最後に採用にあたってのTOEICスコアについてです。

 

正直明確に最低何点以上必要!という決まりはほとんどないといってよいでしょう。

 

マネージャークラス以上で転職する場合には650が必要といわれていますが、入社時に必ず必要かといわれると持っていないマネージャーも多くいました。その場合次の査定のタイミングで、ボーダーとなる650点をとれるように勉強する必要はあります。

 

外資企業なのに意外に英語のボーダーは低いというのがアクセンチュアの特徴かもしれません。

 

 

\アクセンチュアの転職に強い/
アクシスコンサルティングに
転職相談する

*非公開の求人は全体の77%*

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

以下まとめです。

・業務で英語を使う機会はあまりない
・公用語を英語にしているプロジェクトに所属されると英語会議が必要
・新卒の英語力が高い
・中途エンジニアの英語力は低い
・マネージャー昇進にはTOEIC650が必要
・中途でマネージャー採用の場合にはTOEIC650がマストではない
外資系コンサルということで英語をたくさん使うイメージがあったかもしれませんが、そこまで使う機会は多くないというのが現状です。
しかし、徐々にオフシェアが拡大して来ています。今までは日本語をしゃべれる中国を中心にアウトソーシングしていましたが、中国以外にも、マレーシアやタイ・インドといった国へのオフシェア比率も増えてきています。
彼らは基本的に日本語をしゃべれないので、コントロールするうえでは英語は必須になってきます。英語はいきなり勉強しても上がらないので、毎日英会話をするなど、習慣化して勉強していくことが重要です。
「TOEICを3か月で700点まで到達させた記事」を書いているの良ければ参考にどうぞ。

オンライン英会話を習慣化させることでリスニングも強化

日頃から英語に触れる習慣を作るという意味で、おすすめなのが、「オンライン英会話(レアジョブ)」です。
1. 1レッスン129円~から始められる!
2. 国際基準(CEFR-J*1)に則った教材開発や講師のトレーニング
3. 日本人の専門カウンセラーに学習相談できる
4. Skype不要でレッスンを受講できる独自システム「レッスンルーム」
5. レッスンの予約から受講、復習まで完結するスマホアプリ
\25分レッスンを2回無料で受講可能/
レアジョブの無料体験を申し込む
会員数70万人以上!講師数5,000人以上
スポンサーリンク
おすすめの記事