アクセンチュアでは英語が必要?TOEICスコアは?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

今回は、アクセンチュアの英語力について解説していきたいと思います。

 

アクセンチュアでは英語がしゃべれないと大変?

会議は英語でするの?

TOEICのスコアはどのくらい持ってるの?
こんな疑問に答えていきたいと思います。
アクセンチュアに入社を検討している方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**

では、まず業務で英語を使うかどうかについてですが、答えとしては「プロジェクトによる」です。

自分が所属していたプロジェクトではほぼ使う機会がありませんでした。外資といっても、顧客はほとんど日系企業なので、話す相手も日本人。まれに外国人っていう感じですね。

しかし、楽天のように社内の公用語を英語にしているような企業のプロジェクトに所属した場合には、英語を使用することになります。

しかし、その割合もまだまだ少ないのではないかなという印象です。しかし、今後は英語も必要になってくるので、できるに越したことはないですね。

アクセンチュアの新卒は英語力が高い

いろいろなプロジェクトで、アクセンチュアに新卒で入ってきたメンバーと仕事をする機会も多かったのですが、英語力が高いと感じました。留学経験がある・外国の大学に通っていたなんて人は普通で、「ペラペラ」レベルの人が多い印象でした。

で、逆に英語レベルが低いのは、中途で入ってきたエンジニア職の人ですね。TOEICだけで測るのもあれですが、300点レベルのマネージャーもごろごろいました(笑)

TOEICが著しく低い場合には、会社から「勉強しろ」メールが飛んできて勉強させられていました。そして、次の査定タイミングである一定のボーダーを超えていないと給料が下がるとか下がらないとか・・・。

社内メールは英語だが、、、

社内全体に送られるメールは基本的に英語でした。そのため、重要な研修や手続き系の作業の締め切りなどを読めないと後々大変なことになります。話せなくても読むことは最低限出来たほうがいいかなと思います。

Google翻訳にコピペでもおおよその意味は理解できると思うのですが。

しかし、自分が在籍していた後半ごろから、なんと、社内メールの日本語版が一緒に添付されてくるようになりました(笑)

だめじゃん・・・・

おそらく、中途採用のメンバーで英語できない人が多く入ってきたからだと思います。(特にエンジニア職)

**転職サイト最大手!転職決定数No.1**
スポンサーリンク

マネージャーになるためのはTOEIC650が必要

とはいえ、アクセンチュアでは、マネージャー職に昇進するためには、TOEICのスコアが650点必要になってきます。

この650点を高いとみるか低いとみるか、、、

日系企業の楽天でも800をボーダーとしているのに、外資コンサルのマネージャーが650って・・・低いですよね。ただ、エンジニアを大量に募集している中で、800のボーダーで切ってしまうと、一気に採用できるメンバーが減っちゃうからなのかもしれません。

 

自分のように英語を大学以降勉強していなかったレベルでも、3か月勉強して700点に到達できたので、基本的にTOEIC専用のテクニックをつけてしまえば、割と簡単に超えられるラインかなと思います。

別のサイトで「TOEICを3か月で700点まで到達させた記事」を書いているの良ければ参考にどうぞ。

残念ながら、TOEICで700取っても全然しゃべれるレベルにはなりません。あくまでテスト対策で超えられるラインと考えたほうが良いと思います。

マネージャー採用の場合は、TOEIC650以下でも採用されることも

マネージャーに昇進するタイミングでは650が必要ですが、中途の場合にはTOEICスコアによる足切りはない場合もあるようでした。

そのため入社してから次の査定タイミングまでにそのスコアまで上げれば問題ないと思います。

**転職サイト最大手!転職決定数No.1**
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下まとめです。

・業務で英語を使う機会はあまりない
・公用語を英語にしているプロジェクトに所属されると英語会議が必要
・新卒の英語力がやばい(いい意味で)
・中途エンジニアの英語力がやばい(悪い意味で)
・マネージャー昇進にはTOEIC650が必要
・中途でマネージャー採用の場合にはTOEIC650がマストではない
外資系コンサルということで英語をガンガン使うんじゃないかとイメージしていた方も多いかと思いますが、そこまで使う機会がなかったというのが感想ですね。
日本支社と考えれば、顧客も日本人ばかりでしたし
ただ、今までは日本語をしゃべれる中国を中心にオフシェアとしてアウトソーシングしていましたが、中国の物価上昇に伴い、マレーシアやタイ・インドといった国へのオフシェア比率も増えてきています。
マレーシア人・タイ人・インド人は基本的に日本語をしゃべれないので、英語対応は必要になってくると思います。
「TOEICを3か月で700点まで到達させた記事」を書いているの良ければ参考にどうぞ。

オンライン英会話を習慣化させることでリスニングも強化

いきなり、英語力をアップさせるのも大変なので、日頃から英語に触れておくというのが大事だと思います。おすすめは、「オンライン英会話(レアジョブ)」
毎日30分継続的にやり続けることで英語の苦手意識がかなり少なくなったように思います。レアジョブの場合は月額4200円から始められるので低価格でおすすめです。
ぜひ、参考にしていただけたらと嬉しいです。

アクセンチュアへの転職なら

アクセンチュアの転職なら業界No1のリクルートを利用することをオススメします!

リクナビnextに登録する

僕は、リクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります

 

スポンサーリンク
おすすめの記事