アクセンチュアの就職難易度は高いの?高卒でもOK?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

以前、アクセンチュアの転職面接を紹介しました。

アクセンチュアの転職面接

アクセンチュアといったら世界規模のコンサルティングファームの1つであるわけですが、なんとなく

エリート集団がいっぱいいそう

英語ペラペラそう

合コンしたいランキングの上位に常に入っていそう

など、なんとなく「かっこいい」とか「できるイメージ」があり、転職するのも大変そうかなと思いがちですが、実際のところどうだったのかな?と改めて振り返ってみたいと思います。

 

アクセンチュアって早慶以上じゃないと入れないの?

アクセンチュアってTOEIC何点以上ないと入れないの?

アクセンチュアって中小企業からでも転職できるの?

 

こんな疑問に答えていきたいと思います。
アクセンチュアに入社を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。
*アクセンチュアから面接オファーが届く*
スポンサーリンク

アクセンチュアの就職偏差値

就職偏差値という企業の入社レベルを偏差値に変換して表したものがあったので引用しました。

【66】マッキンゼー、ボストンコンサルティング(BCG)
【65】ベイン・アンド・カンパニー、A.T.カーニー、アーサー・D・リトル
【64】ローランド・ベルガー、オリバーワイマン、ZSアソシエイツ、L.E.K.コンサルティング
【63】該当なし
【62】該当なし
【61】野村総合研究所NRI
【60】マーサージャパン、デロイトトーマツコンサルティング
【59】アクセンチュア、PwC、EYアドバイザリー、
【58】KPMG、三菱総合研究所、日本総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサル
【57】みずほ総合研究所、船井総研、NTTデータ経営研究所、日立コンサルティング、大和総研リヴァンプ、日本IBM(コンサル)、アビームコンサルティング
【56】富士通総研、三井情報ほか国内大企業系シンクタンク、クニエ、日本能率協会コンサルティングJMAC、価値総合研究所、経営共創基盤IGPI、ドリームインキュベータDI、シグマクシス、コーポレイトディレクションCDI、日本経営システム、ニッセイ基礎研究所

偏差値59

この59という偏差値が妥当かどうかはわかりませんが、相対的な位置としてはあっているような気がします。

アクセンチュアでも戦略コンサルとソリューションエンジニアでは難易度も異なると思いますが、全体的に見ても以前のアクセンチュアより就職の難易度は下がってきているのかなと思います。

では実際に入社した際の周りの社員さんの情報をもとに、もう少し採用基準について掘り下げていきたいと思います。

 

*アクセンチュアの転職に強い*
スポンサーリンク

中途の場合は学歴は関係あるの?

実際に自分が入社した際に、周りの同期メンバーと以前の経歴について話したことがありましたが、いろいろな職種・企業の人が多かったです。

「NTTデータ」のような大手のSIerから来た人もいれば、中小の下請け企業のソフトウェアハウスの人もいれば、別の外資系の人もいればという感じで、バラバラでした。

自分も前職は1000人規模の事業会社だったので、名前もそこまで全然知られていませんでした。

それは学歴もしかり、大学も上から下までって感じでした。東大の人もいれば、早慶、Marchレベル、自分においてはさらにもっと偏差値の下の大学だったので(笑)、学歴で選んでいるということはないと思います。

新卒の場合はまた基準が異なる可能性もありますが、中途の場合はやはり即戦力重視な感があります。学歴や職歴ってあまり意味をなさなくて、そこでどんな実績を上げたのかに注目していると思います。

なので自分は学歴が低いとか名も知られていない会社だから・・・という心配は一切不要です。自分が前職でやってきたことをしっかりアピールできればそこまで苦労せず通過できると思います。

*書類選考通過率大幅アップ*
スポンサーリンク

人手が足りない?

自分が入社したときは、アクセンチュアの日本法人は全社員数が4000人(2014年)ぐらいでした。しかし、2019年の今を見てみると、11000人まで増えていることに驚きました。

わずか5年で2倍以上の増員・・・

めっちゃ増えてる・・・・

アクセンチュアは入ってくる人も多いですがやめていく人も多い、いわゆる離職率は高いイメージがあります。自分が在籍していた時も、退職メールが何通飛んできたことか(笑)。

定年までアクセンチュアにいるって想像がつかないですよね。

そのため、積極的に人材を採用しているのもあると思います。正直それなりハードなところもある会社なので。

海外の大学は、「入学は難しくないけど卒業が難しい」とよく聞きますが、「入社は難しくないけど勤め続けるのは難しい」という言い方が当てはまるのが、アクセンチュアスタイルかなと思います。

ぶっちゃけいうと、入社のハードルは以前よりも下がってきているように思います。

 

大手での経験を積むいいチャンスです

また、人が多い理由には、M&Aの要因もあると思っています。

以前自分がいたプロジェクトでも、より規模の大きい開発にするために、顧客先のシステム部何百人を人とシステム丸ごと買収して、アクセンチュアの社員に転籍させた!なんてこともありました。驚きです。

ビジネスを拡大化するために、人ごと買い占めしてしまうスタイルは今では当たり前なのかもしれませんが、そういうスピード感はかなり早かった印象があります。

そのため、途中から転籍になった社員も含めるとこの増員数は納得がいきます

*書類選考通過率大幅アップ*

紹介制度を利用するとかなり有利かも

アクセンチュアでは、「リファラル(社員紹介制度)」採用を積極的に導入しています。

企業を理解した人間からの紹介ということで、アンマッチングを避けることができ、全くの知らない人をゼロから採用するよりもリスクが低いことがメリットとしてあります。

そのため、多少の優遇されているのかなと思います。

実は自分も前職の同僚をこのリファラル制度で入社させたことがあります。
その元同僚は、高卒でした(笑)。

高卒でも入れるのか・・・アクセンチュア・・・
しかし、紹介した相手は、かなりの実績とスキルがあったので、学歴で引っかかることなく採用が決まりました。

実はこのリファラル制度、紹介した人間がかなりおいしい思いができます。

紹介した人が入社して半年在籍したことが確定すると、上場企業のボーナス1回分以上の金額が振り込まれるのです。すごくないですか?結構な金額ですよ。

そのため、入社したらぜひリファラル制度を活用するのもおススメです。

*書類選考通過率大幅アップ*

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、アクセンチュアの転職の難易度について考察してみました。

以下、まとめです。

・学歴は関係ない
・前職の企業の知名度・難易度は関係ない
・高卒でも入社できる
・人手が足りないので積極的に採用している
・以前よりもハードルが下がっている印象
・紹介制度を使うとさらに有利になる可能性がある
アクセンチュアの転職難易度についてですが、規模もどんどん大きくなっていることから、採用基準を上げるよりもまずは採用してから、その中で「ふるいにかける」という印象が強くありました。
上記の通り転職難易度はそこまで高くない印象です。
アクセンチュアに入社して経験を積みたいという方は

高卒だからなぁ・・・

規模の小さい会社だからな・・・
とあきらめずにまずはエントリーしてみることをオススメします。リクルートはアクセンチュアの人材をよく理解しているので、一度相談してみるといいアドバイスがもらえますよ!
*書類選考通過率大幅アップ*

アクセンチュアへの転職なら

アクセンチュアの転職なら業界No1のリクルートを利用することをオススメします!

リクナビnextに登録する

僕は、リクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

*アクセンチュアから面接オファーが届く*
リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
*書類選考通過率大幅アップ*
合わせて読む
スポンサーリンク
おすすめの記事