アクセンチュアのコンサルとエンジニアの違いとは?【元社員が語る】
スポンサーリンク

こんにちは、狛江人(@komaebito)です。

僕は外資系コンサルティングファーム「アクセンチュア」でエンジニアとして働いていました。

そんな元社員が今回は、コンサル職とエンジニア職の違い」について紹介していきたいと思います。

 

エンジニア職とコンサル職ってあるけど何が違うの?

エンジニアとコンサルでどれだけ給料が違うの?
こんな疑問が対して答えていきたいと思います。
スポンサーリンク

アクセンチュアの会社概要

まずは、アクセンチュアの紹介をします。

名称:アクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)

創業:1962年、事務所開設

設立:1995年12月

資本金:3億5千万円

従業員数:11,000人以上(2018年12月1日時点)

事業内容:「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

アクセンチュアホームページより

久しぶりにホームページを見たら、めちゃくちゃ社員が増えていました。自分が在籍していた時2014年は5000人ぐらいだったので、わずか5年で2倍以上に増えている計算ですね。

採用活動にもかなり力を入れているようで、社内では紹介制度もありました。過去に紹介制度を利用して友人を入社させたこともあったのでその話は別の記事書こうと思います。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

アクセンチュアの職種と給与テーブル

アクセンチュアの職種は、大きくエンジニア職コンサル職に分かれています。

ではこちらについてどのようなランクがあるのか紹介していきましょう。(※想定年齢はあくまで自分がかかわった人たちの平均を想定しています)

エンジニア職の場合

自分が在籍していた時のだいたいの平均年齢です。もちろんこれよりも早く昇進している人もいましたし、

クラス 想定年齢 想定年収
アソシエイト 大卒1~2年目 350万
アナリスト 23歳~27歳 350-450万
シニアアナリスト 25歳-29歳 450-550万
チームリード 30歳~35歳 600-750万
アソシエイトマネージャー 35歳~40歳 750-850万
マネージャー 38歳~43歳 850-1000万
シニアマネージャー 42歳~ 1000-1200万
マネージングディレクター 無理? ??

 

エンジニア職(SE職)の場合には、別途ボーナスが追加されます。年に2回ほどありました。ただ、年収何か月分という感じではなく、多くても年収1か月分ぐらいでしたね。(2016年の話)

マネージャー以上になると残業代は一切出ないので、残業が多いプロジェクトだと、アソシエイトマネージャーのほうが給与がいいということもあります。

コンサル職の場合

クラス 想定年齢 想定年収
アナリスト 大卒1-3年目 450-550万
コンサルタント 25歳~30歳 550-750万
マネージャー 30歳~35歳 800-1000万
シニアマネージャー 35歳~40歳 1200-1500万
マネージングディレクター 40歳~ 2000万-

コンサル職の場合は、完全に年棒制のためボーナスはありません

ただ、残業代は別途追加されます。マネージャー以上になると残業代は一切出ないので、残業が多いプロジェクトだと、コンサルタントのほうが給与がいいということもまれにあるようです。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

入社するならコンサル職を目指すべき

上記の給与テーブルを見るとわかると思いますが、コンサル職とエンジニア職では給与テーブルが全く異なります

とにかくエンジニア職は、クラスが多いため、昇進をコンスタントにしていかないと給料が上がっていきません。

「コンサル職」で入ることができれば、遅くても30歳前後で大台1000万を超えます。エンジニア職の場合マネージャーになってもぎりぎり1000万に届かないため、1000万を越えるのは40台になってからという印象が強いです。

なので、もし入社を考えているのであれば「コンサル職」で入社することをオススメします。

 

ではこんな疑問が出てきますよね。

エンジニアとコンサルって仕事内容は違うの?

 

実際にエンジニアとコンサルってどれだけ仕事内容が異なるかといわれれば・・

 

僕の答えとしては、

 

仕事内容は大して変わらない!

です。

自分のいた現場では、コンサル職もエンジニア職も特に職種を考慮して仕事を割り振られてはいませんでした。

コンサル職が上流工程をやってエンジニア職が下流をやるというイメージがあるかと思いますが、実際はコンサル職がプログラミングをやってSE職が要件定義を行っている、なんてことも普通にありました。

とはいえ、色々なプロジェクトがあるので一概にいうことはできませんが、自分が在籍していた時にアサインされていたプロジェクトでは特に明確に職種ごとに分けて、メンバーをアサインしているということはあまり感じませんでした。

それよりも、担当プロジェクトにどれだけ精通しているかによって、仕事の幅広がるため、プロジェクトに長く在籍していて業務知識もある人は必然的に要件定義など上流工程をやらざるを得ないと感じが強かったです。

 

そのため、長く同じプロジェクトに在籍していると、抜け出すことも難しくなり人によっては入社して10年同じプロジェクトにいるという人もいました(平均的には1-2年でプロジェクトが変わる)。

 

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアクセンチュアの「コンサルとエンジニアの違い」について紹介させていただきました。

以下、今回のまとめです。

・アクセンチュアに入社するなら断然「コンサル職」がおすすめ!
・コンサル職であれば30前後で1000万を狙えることができる。
・コンサル職とエンジニア職でやる仕事内容はそこまで変わらない。

アクセンチュアの入社を考えている方は、「コンサル職」で入社することを強くお勧めします。採用基準はエンジニア職よりはハードルが高いですが、入ってしまえれば、実際やる仕事内容はそこまで変わりません。

ぜひこの記事が参考になれば幸いです。

このアクセンチュアに自分が入社したきっかけは、「リクナビNext」のオファーメールでした。

オファーメール機能とは通常の選考フローではなく、履歴書や職務経歴を見た上で「この人にはぜひうちに来てもらいたい」という書類選考が通過した状態でのフローのため、面接から開始することができます。

大手企業の採用担当者がかなり見ていますので、今までの職務経歴を登録しておくだけでも十分に採用の可能性は広がります。ぜひ過去の経歴を覚えているうちに、登録しておくことをオススメします。(※詳細になるべく書いたほうがいいです)

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

アクセンチュアへの転職なら

アクセンチュアの転職なら業界No1のリクルートを利用することをオススメします!

リクナビnextに登録する

僕は、リクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
リクナビnextの強み
1.求人案件がダントツで多い
2.自分に合った求人を自動通知してくれる
3.お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
4.企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
5.応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
*書類選考通過率大幅アップ*
合わせて読みたい「アクセンチュアの転職面接」
スポンサーリンク
おすすめの記事