アクセンチュアに入社してよかったことをまとめる【元社員が語る】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

アクセンチュアという会社はみなさんの印象通り、正直ハードだなと思う部分もありましたが、それ以上にできる人と一緒に仕事をしたことにより、自分の仕事への考え方が大きく変わりました

これはおそらく今自分の在籍している日系企業では経験できなかったかなと思っています。

そんなアクセンチュアに入社するにあたって意識したほうがいいことを、在籍時の経験から自分なりに考えた結果をまとめていきたいと思います。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

結果がすべて

外資系あるあるだなぁ・・・・と思った方!まさにその通りです。

私自身アクセンチュアでエンジニアとしての仕事をメインで行ってきたわけですが、アクセンチュアの単価ってめちゃめちゃ高いんですよね。それってなぜかわかりますか?

ずばり、

  • 短納期・高品質でサービスをリリース(開発)する必要があるから

 

だってそうですよね。スケジュールに余裕があれば、別にわざわざ単価の高いアクセンチュアを選ぶ必要ないですからね。

そこまで、顧客からの求められる要求も高いというところもポイントです。

そんな中、

すいません、今週中にできません
と言ってしまうと、

わかった。別のメンバーに頼むから、明日から来なくていいよ
となってしまうわけです。まあ、ここが外資特有の文化ですね。
今やアクセンチュア社員は10000人近いといわれているわけで、その中でできる社員はどんどん仕事を任されて、できない社員はどんどん「アベイラブル」にされていく、、、、
厳しいですが、これが現実だと思ってもらった方がいいです。
そのため、「できません」じゃなくて「やる」しかないのです。
新入社員の場合には、多少聞きまくってでもプロジェクトが面倒を見てくれる可能性がありますが、中途の場合にはある程度できる前提で仕事を振られるので、それができませんとなると、すぐ飛ばされてしまうという話もよく聞きます。
そのため、中途入社で入った場合には、いち早く「成功体験」を積み上げることにより、周りのメンバーからの「信頼」を得ることが大事だと思います。逆に「信頼」さえ得られれば、多少ほかの部分がいい加減でも許されます。
自分が以前いたプロジェクトでは、めちゃめちゃ仕事ができる先輩がいたのですが、その人は朝が本当に苦手で毎日12時過ぎに出社していました。それもたまにじゃなくて毎日(笑)
しかし、誰も文句は言いません。なぜなら、その人は仕事ができるから。本当にめちゃくちゃ仕事の早い人でした。
結果がすべて。できる人は比較的何をしても許されていました。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

プライベートを優先したいならやめておいた方がいい

よく採用面接で、

残業時間はどのくらいですか?

休日出社はありますか?

と聞く人がいると思いますが、「アクセンチュア」の入社面接では意味ないので聞くのはやめましょう。以前紹介したプロジェクトの中で、毎日ほぼ定時に帰っていたプロジェクトに所属したことがありますが、ごくまれだと思います。

初めから残業時間や休日出勤を気にするのでは、アクセンチュアの入社はやめておいた方がいいです。ただ疲れて・病むだけで終わると思います。その代わり働けばその分がっつり給料はもらえます。
なぜアクセンチュアに入社したいのか?を今一度考え直した方がいいかもしれません。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

40を超えると体力的にきついかも

上記の話を聞くと、

きつそう・・・・いつまでそんな状態で働けるかな・・・

 

と思われた方が多いかもしれません。

はい、実際きついと思います。

バッサリ!

正直定年までアクセンチュアで働き続けるというのは現実的ではないと個人的には思っています。

ただ、以前よりも終身雇用を目指すことを会社の方針としていることもあり、年齢を重ねても働きやすい環境を作り続けているという話も聞きます。

しかし、40-50代でメンバーとしてこの労働環境は正直きついかなと思います。

そのため、今後の道は個人的に3つかなと思っています。

1.MD(シニアマネージャーの1ランク上)を目指す
2.成功体験をベースに転職を検討する
3.独立する
MDになると収入的には年収3000万といわれています。もちろん毎年同じポジションに入れるかどうかは実力次第ですが、ここまでなれるとだいぶ安定してきそうです。
しかし、かなり狭き門だと思います。早い人は30代でもMDになっている人もいました。この収入を10年得られれば生涯サラリーマン年収も余裕で超えますね。
次に「転職」です。多くはこちらを選ぶ人が多いかなと思います。こちらに関しては次の章で説明していこうと思うので、こちらで説明を省きます。
最後に、「独立」ですが、こちらはかなり少数派かなと思います。確かにアクセンチュアやリクルートは退職後「独立してなんぼ」みたいな風土があるということも聞きます。
在籍時にできたコネを生かして会社設立あるいはフリーランスでやっていく方も多少いましたが、全体的な割合としては少なかったですね。
独立できるぐらいの人はアクセンチュアでの評価も高く収入も少なくはないはずなので、いられるまでいるってスタンスの人が多かったように思います。(いられるっていつまでだろ?って話ですが)
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

転職も考慮にいれる

先ほどの続きになりますが、最終的には自分はアクセンチュアを転職しました。正直アクセンチュアに対する不満はほぼなかったです。仕事環境も最高でしたし、今でもつながっている人脈もできましたし。

ただ、やはり限界を感じました。それについて説明していきます。

決定権は顧客にある

アクセンチュアは、大手コンサルティングファームですが、あくまで最終的な決定権は顧客にあります。

ハードな毎日を過ごしながら、できる最大限のパフォーマンスを発揮しようとスピード感のある開発を行い、ベストプラクティスを熟考し、顧客に提案していくのですが、自分たちがいくら考えて提案しても、最終的な決定権は顧客にあって我々にはありません。

もちろん、提案した内容に理解を占めてくれたり、開発品質を褒められたりすることはうれしい経験でもあるのですが、やはりお客様のシステムなのです。そこにだんだんとやりがいを感じられなくなってきたというのが退職理由の1つですね。

なので、もちろん自分の決定権ですべて決まるわけもないのですが、やはりそれが対会社だとどうしても、アクセンチュアとの温度感というか壁があります。

それで成功するかどうかはお客様が判断し責任を負わなければいけないので当然なのですが。そこがコンサルやSIerの歯がゆい部分かもしれません。

そのため、自分はある程度成功体験をアクセンチュアで積んだのち、自社で研究開発を行っている自動車メーカーに転職をしました。

アクセンチュアの成功体験は貴重

アクセンチュアでの経験は本当に今の会社でも生きています。現在の会社では古臭い部分もあり、まだまだフレキシブルに対応できていない部分が多く、それらを改善提案しています。

アクセンチュアにいることで備わった「結果にコミットする」「常にベストプラクティスを考える」「短納期・高品質」という意識があったからこそ、現在もロジカルにスピード感をもって対応できることであり、新卒から大手の日系企業にいても、身に着けられなかった意識だったかなと改めて思います。

アクセンチュアと日系企業との違い

そのため、アクセンチュアには成功実績を短期間で積むには最適な会社だと思っています。そして、その成功体験は転職面接でもめちゃめちゃ評価されます。

自分で何を考え・どう実行したのかをしっかり自分の言葉で説明することができ、結果としてプロジェクトを成功へ導けたのであれば立派なアピールポイントとなり、多くの企業はそのような思考を持っている人材を欲しがります。

大袈裟ですが、アクセンチュアでの修行は一生の価値になると思っています。あ、もちろん、「ただアクセンチュアにいた」というだけでは何も価値がありませんが、しっかり決められた納期の中で成果を出し続けることができていれば、その後転職しても、比較的どこでもやっていけるように思います。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下まとめです。

・いい意味でも悪い意味でも結果がすべて。早い段階でハイパフォーマンスを出そう
・定年までアクセンチュアにいるのは現実的ではないかも
・成功実績を短期間で積み上げよう
・ある程度アピールできる実績ができたら転職も一つの道
だいぶ赤裸々に描きすぎてしまいましたが、アクセンチュアに今後入社される方において参考にしてもらえたら幸いです。早くに成功実績を積むには最高の会社だと改めて思います。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*

僕はリクナビnext経由で応募しました

「アクセンチュア」ですが、リクナビnext経由でオファーメールをもらい、応募しました。

リクナビnextのメリット
・求人案件がダントツで多い
自分に合った求人を自動通知してくれる
・お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
・企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
・応募が簡単にできる

今すぐ職務経歴を登録してオファーメールの設定を行いましょう。
応募する企業の幅が大きく広がりますよ。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
>>noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。
スポンサーリンク
おすすめの記事