アクセンチュア一次面接はどんな雰囲気?結果はいつ?【元社員が解説】
スポンサーリンク

こんにちは、元アクセンチュア社員の狛江人(@komaebito)です。

今回はアクセンチュアの1次面接の模様を解説していきます。

前回は電話での面談だったため、あまり緊張しませんでしたが今回からは対面だったので、面接日までかなり緊張したことを覚えています。

一次面接は誰が担当するの?

一次面接は、何対何で行われるの?

どんなことを聞かれたの?
これらの疑問について経験談から赤裸々に語っていきます。
アクセンチュアへの転職を考えている方はぜひ参考にしていただけると幸いです。
**転職サイト最大手!転職決定数No.1**
スポンサーリンク

一次面接

面接の位置づけ

一次面接は、実際の現場のシニア・マネージャーと行いました。

アクセンチュアの場合、「シニア・マネージャー」のポジションとしては、プロジェクト全体の管理を行う役目・いわばプロジェクトマネージャー的な立場です。

そのため1次面接では、実際に今までの経歴を踏まえながら

うちのプロジェクトでどんなポジションで働いてもらえるかな?
必要なスキルはそろっているかな?
アクセンチュアの体質に合っているかな?

 

など、「スキル」・「ポジション」・「人」全て、みられるのかなと思います。

一次面接の内容

面接は1:1で行われました。比較的話しやすい雰囲気だったと記憶しています。

まずは、職務経歴書に沿って自分の今までの経歴を説明していきます。長すぎても冗長になるので、「3分」ぐらいに抑えて時系列に説明していました。

すでにこの時に1度転職を経験していたので、転職歴がある場合にはその理由も併せて説明できるとよいと思います。そして直近の仕事内容まで説明し終わったら、面接官からの質問タイムです。

自分の場合には、ちょうどその時期「ブロックチェーンの技術を使ったシステムを構築する」という仕事をしていました。

ブロックチェーンとは
ブロックチェーンでは、ネットワーク内で発生した取引の記録を「ブロック」と呼ばれる記録の塊に格納します。個々のブロックには取引の記録に加えて、1つ前に生成されたブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報などを格納します。生成されたブロックが、時系列に沿ってつながっていくデータ構造が、まさにブロックチェーンと呼ばれる理由です。(NTTDataHPより)

「ブロックチェーン」は、今ではビットコインでかなり有名になっていますが、当時はまだそこまで注目されていない技術でした。

そんな中、調べながら悪戦苦闘しつつ、導入したいきさつから構築の細かい話などを話していたのですが、まさかの面接官が担当しているプロジェクトでも、ちょうどブロックチェーン絶賛導入中だということだったのです。

同じ状況・同じ技術・・・これはかなりの珍しいパターンかもしれません。

エンジニア同士でこのような状況になると、、、、、、

めちゃめちゃ話が盛り上がります(=話が長くなる)。

結局、面接時間1時間のほとんどが「ブックチェーン」の話で終わってしまいました。

正直感想としては、直近の仕事内容のことについてしか掘り下げずに面接が終わってしまったので、あまり参考にならないかもしれません。

個人的な印象としては、経歴を包括的に話すよりも自分が頑張ったと思えるストーリーや大変だったことをどう考え、どう解決したのか?を多少泥臭くても話していくと共感を得られるんじゃないかなと思いました。

逆に、キラキラした経歴「大手XXでXXのプロジェクトマネージャーを務めた」というだけの話でいえば、

どんなことが大変だったの?
どんなところを工夫した?
教科書通りの表現ではなく、自分オリジナルのストーリーを話せるのが良いのかなと思います。
その話を聞くことにより、面接官はその人がどのように考えて行動しているのか?という人間性や、どんな特技を持っているのか?というのがわかってしまうのかもしれません。(※過大に言いすぎると突っ込みが入って、ボロが出ます。)

そんなほとんどが「ブロックチェーン」の話で終わってしまった一次面接ですが、手ごたえがあったかというとは、確信は持てなかったのが正直なところですね。

え・・・ブロックチェーン以外の話全然してないけど、大丈夫なの?
って感じでした。(汗)

合否連絡はいつ来る?

さて、緊張の合否結果ですが、面接日が月曜日の19時に行い、結果は何と翌日火曜日の21時ごろでした。

電話面談の時と同様、翌日に結果が来ました。とにかく一般的には3日ぐらいかかるところが翌日の連絡ってすごいスピード感ですね。受験者にとってはとてもありがたいです。

XX様

 

お世話になっております。

アクセンチュア人事部リクルーティングのXXXです。

 

先日は、お時間を頂きありがとうございました。

検討させて頂いた結果、是非次の面接にお越し頂きたくご連絡いたしました。

 

つきましては、面接日程を調整させて頂きますので、ご都合の宜しい日時をいくつかお知らせ頂けますでしょうか。

日程は、可能な限り複数の日程、幅を見たお時間枠を頂けますと幸いです。

 

・面接は平日9:0020:00開始の間 1時間程度

・会場 XXビル内、弊社XXXオフィスを予定

・実施希望日より、3営業日前までにご連絡頂けますと幸いです。

 

加えて、以下につきご確認の上、面接2営業日前までにお知らせ頂きますようお願いいたします。

▽現年収及びその詳細

年収(合計金額):

基本給(月給)

賞与(年額)

諸手当:残業手当(月平均)、住宅手当など

※源泉徴収票をメール添付にてご提出お願いいたします。

 

▽希望年収・最低希望年収

 

▽現在のお住まいの形態について以下のどれに該当するか教えてください

・賃貸住宅でその契約上の賃借人として賃借料を自己負担している

・本人または共同名義の持家に居住し、現在ローンを支払っている

・その他(ご家族と同居など具体的にお願いいたします)

 

▽他に選考が進まれている会社があれば、その状況

 

▽入社可能日(弊社内手続きのため、入社まで15営業日いただいております)

 

▽これまでの面接を終了しての、ご感想やご懸念点

 

【以下、外国籍の方の場合は、ご回答お願いいたします】

▽国籍

 

▽ビザの種類

 

▽有効期限

 

何かご不明な点がございましたらご遠慮なくご連絡ください。

お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

一次面接をクリアし、次が最終面接です。
メールの内容にもある通り、年収なども踏まえた面接になるので、上記の情報をしっかり取り寄せながら、面接に臨む必要があります。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は1次面接の内容について紹介させていただきました。

まとめるとこんな感じになります。

・面接担当者は現場のマネージャー(1:1)
・かなり技術的寄りな話になる
・自分が頑張ったことや深く掘り下げることができるストーリーを熱く語るべし
・時間は1時間ちょっと
・合否連絡は翌日
1次面接は、その人のポジションや面接官によっても大きく変わりそうで一概には言えませんが、一番のポイントは「自分が頑張ったことを深く掘り下げることができるストーリーを熱く語ることができるか?」と思います。
経歴書に書いてある話をつらつらと話しても、たくさんの候補者と会っている面接官にはあまり響かないでしょう
それよりも自分のとっておきの頑張ったエピソードを熱く語ることができ共感されると「この人と一緒に働いてみたい」と思わせることができるのかなと思いました。
ぜひ転職を考えられている方は参考にしていただけたら幸いです。
*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
スポンサーリンク

アクセンチュアへの転職なら

アクセンチュアの転職なら業界No1のリクルートを利用することをオススメします!

リクナビnextに登録する

僕は、リクナビnext経由でアクセンチュアよりオファーメールをもらい、応募しました。

*転職サイト最大手!転職決定数No.1*
リクナビnextの強み
・求人案件がダントツで多い
・自分に合った求人を自動通知してくれる
・お気に入りの企業が登録でき、採用タイミングで通知が来る
・企業からのプライベートオファーメールが来る。(書類選考がスキップできる)
・応募が簡単にできる
noteでオファーメールをもらった時の職務経歴書を公開しています。

リクルートエージェントに登録する

そして、リクナビnextと合わせて登録しておきたいのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの強み
1.求人数が圧倒的
他のエージェントに比べて業界No1の求人数。非公開求人が約20万件ほどあるといわれています。
2.幅広い年齢層に合っている
20-30代がメインの他社と比べ、求人数が圧倒的に多いので年代・業種のポジションがあります。
3.実績のあるキャリアアドバイザーが在籍している
業界によく精通しているため、企業独自の情報や転職ノウハウをもっています。
4.面接対応や書類の添削サポートが充実している
業務経歴書や志望動機などの添削も行っており、書類選考での通過率が通常応募より上がります
スポンサーリンク
おすすめの記事